スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

阪神大震災の頃(4)

2011.03.12(16:07)

少しずつ色んな人と連絡取れてきました。

生存報告用チャット
遠慮なく入って下さいませ~。



あと、霧人くんがニコ生やてます。

DOL震災避難場所
枠は15時~20時のようです。



折り畳みからはまた阪神大震災の頃のお話。
震災の恐怖がトラウマの方
興味の無い方は見ないで下さい。



震災後なので、
山の中腹に向かうまでに崖崩れが起こっており
道に大きな岩も転がっていた記憶があります。


なんとか公衆電話に辿り着き、
親戚の安否の確認が取れました。




ひとまず家まで戻りその日は学校に避難するかという話になりました。

しかしながら姉の友達が声をかけてくれ、
しばらく一家で厄介になる事になりました。



その家は某大学の近くにある中華料理屋さんでした。
2匹のダックスフンド
1匹のシェパードが居ました。

3匹の犬が沈んだ気持ちを元に戻してくれました。



当日は水・ガスが復旧する事はありませんでした。
電気は復旧しており、ニュースで情報を得る事はできました。


そこで分かったのは神戸方面の災害状況の凄まじさ。


高速道路は倒れ
広範囲に及ぶ火災


この世の物とは思えず、
今回の津波のように映画を見ているような感覚でした。





翌日からは救援物資が届くようになりました。
大学の運動場に物資を載せたトラックが到着しており、
地域の人が集まってそれぞれ物資を受け取っていました。




震災から2日後
お世話になった中華料理屋さんが営業を再開する事になりました。


こういうお店が営業を再開できるってのは
地域の人の力になる感じがしました。

姉達もお店を手伝っていました。
学校もしばらくは稼動しておらず、
働いていた方がいくばしかマシだったのかもしれません。

私は犬の散歩が仕事でしたww
学校も無いので朝昼晩ひたすら散歩する事で少し気が紛れたような気がします。



数日後には学校が再開する事になりました。
久々に友達の顔を見れたのは嬉しかったと思います。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://falame.blog45.fc2.com/tb.php/245-f2918906
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。