スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

阪神大震災の頃

2011.03.12(13:22)

KOEIの公式少し更新されましたね
http://www.gamecity.ne.jp/dol/

復旧は思ったより早いかも?
でも被災地電力の事考えると多少遅れても良いかと。

チャットに少しログインしてくれてる人居るみたいです。
お暇なら適当にコメント残してくれるとファラムの中の人安心します。

緊急設置した生存報告用チャット

折りたたみからは、
小さい頃体験した阪神大震災の頃のお話を思い出しながら書いてみます。
今回の震災で恐怖を感じた方は見ない方が良いかもしれません。

あくまで体験談をちょぼちょぼと書いていくだけです。
DOLの話に関係なくて申し訳ありません。


最後まで書ききるか分かりませんが、
何度かに分けて書いてみます。


阪神大震災

1995年1月17日5時46分
今でも覚えてます。


とても寒い日でした。


姉が二人2段ベッドで寝ていて、
上段のベッドに寝ている姉の

『地震や!!』
という声で目が覚めました。



その瞬間味わったことの無い大きな揺れ。

何も理解できませんでした。
ただただ布団をかぶって揺れが収まるのを待っていました。







どれだけ揺れたのか
いつになったらこの揺れは収まるのか

真っ暗な布団の中で何を考えていたのか覚えていません。



寝ていた目の前に、
当時まだ小さかった私の背の丈よりも高さのある机があり
それが倒れこんできました。


間一髪、手前にあった椅子が挟まったおかげで
机の下敷きになる事はなかったようです。


揺れが収まり
布団から立ち上がろうとした時に頭をうちました。

それまで普通に立っていた机が倒れこんでいたのをその時に気が付きました。




電気も止まっていました。
真っ暗な中で、家族全員が生存しているのをお互い確かめあいました。


どうやら全員生きていたようです。


足元には何もかも転げ落ちていて、
踏んで痛みもあったでしょうけどそれどころではありませんでした。


外はどうなってるのか・・・。

家族で外に出ました。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://falame.blog45.fc2.com/tb.php/242-982ec0f9
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。